2019年04月19日

自民党 『NewsPacket』 Vol.875

smime.p7s
政治番様

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  日本の明日を切り拓く。JIMIN News Packet
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2019.4.19 Vol.875】

================================================================================
福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして日本の再生はなし(安倍総理)
================================================================================
4月14日、安倍総理は東日本大震災からの復興状況の視察のため、福島県を訪問しました。

まず安倍総理は、東京五輪の聖火リレーのスタート地点となる楢葉町(ならはまち)の
「Jヴィレッジ」を視察。続いて、福島第一原発事故に伴う避難指示が一部地域で解除された
大熊町の新役場庁舎の開庁式に参加し、その後、福島第一原発を視察しました。

今回安倍総理は、防護服ではなく、スーツ姿で福島第一原発の視察を行い、
「現場の皆さんの大変なご努力によって廃炉作業が一歩一歩着実に進んでいる」と述べると
ともに、廃炉に向けて多くの課題があることについて、「今後も廃炉汚染水対策について、
国が前面に立って、取組を進めていく」と強調。

また、大熊町の新役場が開庁したことは本格的な復興に向けた第一歩であることから、
復興は間違いなく進んでおり、今後も生活インフラの復興、そして生業(なりわい)産業の
再生に全力を尽くす考えを示しました。

そして、「福島の復興なくして東北の復興なし、東北の復興なくして日本の再生はなし」との
考えの基、「政府一丸となって福島、そして東北の復興を成し遂げるその日まで全力を
尽くす」との強い決意を述べました。


■詳しくはこちらから
・福島県訪問(官邸HP)
 http://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/201904/14fukushima.html


================================================================================
激戦勝利へ懸命の訴え−衆議院大阪12区、沖縄3区補選(4月21日投開票)
================================================================================
激戦を繰り広げている衆議院大阪12区及び沖縄3区の補欠選挙の投票日まで残り2日となりました。
自民党は、大阪12区に北川晋平候補、沖縄3区に島尻あい子候補を公認しています。

大阪12区の北川候補は、選挙戦のキャッチフレーズに「晋平=未来の大阪」を掲げ、
「国と地域のパイプ役として全身全霊で地域に貢献していく」と熱く支持を訴えています。

沖縄3区の島尻候補は、参院議員や沖縄北方担当相として沖縄振興に力を入れてきた実績を
強調し、「経済振興」や「子供の貧困問題」などに全力で取り組む決意を示しています。

自民党は、北川晋平候補、島尻あい子候補の勝利に全力を挙げています。
日本の明日を切り拓くため、両候補への力強いご支援をよろしくお願いします。


●4月20日(土)安倍総裁大阪遊説日程
12:00〜【四條畷市】忍ケ丘駅東側
12:50〜【大 東 市】住道駅北デッキ
14:00〜【寝屋川市】寝屋川市駅東側ロータリー

<ネット中継> 
12:00〜 四条畷市
12:50〜 大東市
14:00〜 寝屋川市
 https://lve.jp/ejBFT-MruxaO/
※3会場共通のURLとなります
※中継が始まると視聴可能となります

<ニコニコ動画>
14:00〜 寝屋川市
 http://nico.ms/lv319623758

安倍総裁が、北川晋平候補の応援のため街頭演説を行います。
お近くの方は、ご家族、ご友人にもお声かけ頂き、ぜひ足をお運びください。

■北川晋平候補HP
 https://www.s-kitakawa.com/
■島尻あい子候補HP
 http://www.shimajiriaiko.com/


■次回の配信は4月26日(金)の予定です。

○メルマガ読者へのご連絡
このメールは選挙運動用メールです。選挙運動用メールをご希望されない方は、下記までご連絡下さい。
 https://ssl.jimin.jp/m/mail-edit

◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/index.html#election-each
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html
◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/


┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL:https://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp
         Copyright(C)2019 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

・『NEWS PACKET』に掲載された情報を許可なく転載することを禁じます。
・メールアドレスの変更をご希望の方(携帯電話のメールアドレス変更)は、
 こちらから変更をお願いします。

 ステップ1.パスワードの再発行
 皆さまの情報管理強化のため、変更画面にパスワード設定を実装しました。
 初めて登録変更される方は、以下の画面よりパスワードの再発行してください。

  https://ssl.jimin.jp/m/mail-pw

 ステップ2.登録の変更
 こちらの画面よりログインし、設定の変更をお願いします。

  https://ssl.jimin.jp/m/mail-edit
posted by 政治番 at 18:32| Comment(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国民民主党メールマガジン DPFP-MAIL 第49号 2019年4月19日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
つくろう、新しい答え。
国民民主党メルマガ『DPFP-MAIL』第49号 2019年4月19日
編集・発行/国民民主党広報局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《今号の内容》です!
□ 【統一自治体選】後半戦スタート 玉木代表が各地で支持を訴え!
□ 【法案提出】司法試験の受験資格制限を廃止する法案を提出!
□ 【沖縄補選】玉木代表が野党3党首と屋良朝博候補事務所を激励!
□ 【届出略称】参院選届出略称を「民主党」とすることを総務会で確認!
□ 【動画配信】高校生が玉木代表に聞く!日本政治の「ナゼ」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼【統一自治体選】後半戦スタート 玉木代表が各地で支持を訴え!

 統一自治体議員選挙後半戦が始まりました(一般市長・特別区長選挙と一般
市・特別区議会議員選挙が14日、一般町村長選挙と一般町村議会議員選挙が
16日告示)。お住まいの地域におけるさまざまな課題の解決をする議員を選ぶ
大事な選挙です。選挙のある地域にお住まいの方は、ぜひ投票所へ足を運んで
いただきますようお願いいたします。

 国民民主党は、地域や個人で整理できずにいる問題にも気づき、耳を傾け、
皆さんに寄り添い、皆さんのために働く候補者ばかりです。何でも反対、何で
も賛成ではなく、議論をしっかり行い、地域の皆さんの声を聴いて議論を練り
上げていき、新しい答えをつくっていきます。

 後半戦がスタートした14日に玉木雄一郎代表は、東京都内約12カ所を訪
れ、党公認・推薦区議候補者を精力的に応援しました。玉木代表は、国会にお
いて重要な行政文書が隠ぺい、改ざんされていることを取り上げ「正直な、透
明な政治の実現が必要だ」とアピール。税金の使い道についても、税金を払っ
ている人の暮らしを支えるところにしっかり使われるように「透明で情報公開
の進んだ議会を実現していかなければならない」と訴えかけました。
 玉木代表が応援に入った12人の区議候補者は実に多彩。公共物による広告
収入で税金以外の収入の確保、待機児童ゼロ、液体ミルクの防災備蓄品化、障
害者や女性などさまざまな視点を取り入れた避難所の機能拡充――など地域の
さまざまな声を反映した取り組みを実現するために必死の訴えをしています。

 続く15日に玉木代表は、北海道・網走市を訪れ平賀貴幸(ひらが たかゆき)・
網走市議会議員候補を激励しました。平賀候補は、高齢者の「寝たきりゼロ」
と買い物難民対策を掲げています。小型の地域循環バスを用意し、大型店舗の
協力を得て高齢者の買い物を手助けすることにより、地域の店舗も売り上げを
確保。高齢者も外出をすることにより寝たきりゼロにつなぐことができる政策
をアピールしています。玉木代表も、多くの政策提言をする平賀候補への応援
を強く訴えました。

 統一自治体選挙後半戦は21日が投票日です。国民民主党の擁する多士済々
の候補者(以下のURLからご参照ください)にぜひご注目とご支援をお願いい
たします。

【動画】https://youtu.be/is6g4tgAfI8
    玉木代表東京応援演説
    https://youtu.be/wCbwsH6r198
    玉木代表北海道・網走応援演説
【記事】https://www.dpfp.or.jp/candidates/unified_local_elections/2019
    2019統一自治体選挙 公認・推薦候補者一覧
    https://www.dpfp.or.jp/article/201385
    後半戦スタート 玉木代表、都内各地で支持を訴え
    https://www.dpfp.or.jp/article/201384
    <告示日・前編>
    https://www.dpfp.or.jp/article/201386
    <告示日・後編>
    https://www.dpfp.or.jp/article/201387
    玉木代表が北海道・網走遊説
    https://www.dpfp.or.jp/article/201399
    平野幹事長が都内候補者を応援
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼【法案提出】司法試験の受験資格制限を廃止する法案を提出!

 国民民主党は17日、「司法試験法等改正案」を社会保障を立て直す国民会
議と共同で衆院に提出しました。本法案は、(1)司法試験の受験資格制限を廃
止する(2)実務家として不可欠な口頭での説得力ある説明能力をみるため、科
目に口述試験を復活させる等の科目変更を行う(3)法科大学院の役割を変更し、
司法試験向けの教育のほか、司法修習向けの教育、弁護士になった後のリカレ
ント教育を実施する(4)司法修習の期間を1年2カ月として充実した研修を行
い、4月に就職時期をずらすことで組織内弁護士などに採用されやすくする
――いった内容であると階猛衆院議員は法案提出後の記者会見で説明しました。

 法案提出の理由として、「司法試験合格者は受験者の3分の1程度であり、
以前と比べて受かりやすくなっている実態がある。それにもかかわらず受験者
が減っているのは、受験資格というハードルがあるためだと考えている。現在
の受験資格は、法科大学院を修了するか、予備試験をパスするかとなっている」
と述べました。

 本法案は政府から提出されている「法科大学院の教育と司法試験等との連携
等に関する法律等の一部を改正する法律案」への対案です。政府案への評価に
ついて階議員は、「試験さえ通れば良いという以前の制度から、プロセスで法
曹を養成する制度にするのが目的で法科大学院を創設したはず」「大学4年目
から法科大学院に行けるようにして、最短では法科大学院に1年だけ通えば
司法試験を受けられるようにするもの。法科大学院の自己否定ではないか」と、
政府法案が法科大学院を守ることを目的ではないかと指摘しました。

 能力と意欲を持った法曹を増やすには、どちらの制度が良いか一目瞭然です。
国民民主党は、良いものは良い、悪いものは改善し、新しい答えをつくってい
きます。

【記事】https://www.dpfp.or.jp/article/201400
    「司法試験法等改正案」を衆院に提出
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼【沖縄補選】玉木代表が野党3党首と屋良朝博候補事務所を激励!

 玉木雄一郎代表は16日、立憲、共産、自由の野党3党首とともに沖縄県入
りし、衆院沖縄3区補欠選挙(9日告示21日投票)に立候補している屋良朝博
(やら・ともひろ)候補を応援するため、そろって沖縄市の屋良事務所を訪問し
ました。

 激励のあいさつで玉木代表は、「デニー知事が守ってこられた選挙区なので、
しっかりと私たちも応援して、わが党の候補のつもりで全力で取り組む。皆さ
んと力をあわせて確実に勝利をおさめたい。力を合わせて頑張ってまいりまし
ょう」と呼びかけました。

 補欠選挙の位置づけと参院選にどうつなげていくかを記者から問われると、
県民投票で示された民意をしっかりと政府に実行させていくために「絶対落と
せない大事な選挙だ」と認識を示しました。
  
【記事】https://www.dpfp.or.jp/article/201392
    玉木代表と野党3党首が衆院沖縄3区屋良朝博候補事務所を激励
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼【届出略称】参院選届出略称を「民主党」とすることを総務会で確認!

 国民民主党は17日、第46回総務会を党本部で開きました。

 報告事項では、国民民主党は第25回参議院選挙における届け出略称を「民
主党」とする旨の報告があり、確認されました。(1)参議院の会派において、
国民民主党・新緑風会は「民主」が公式の略称であり、選挙を戦う改選参議院
議員にとっては、「民主党」の略称が最も親和性が高い(2)国民民主党は民主党
の後継政党であり、法的にも存続政党として位置づけられる。従って、選挙時
においても略称を「民主党」として有権者に示すことに理がある――等が主な
理由です。

【記事】https://www.dpfp.or.jp/article/201394
    第46回総務会で参院選届け出略称を「民主党」とすることを確認
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
▼【動画配信】高校生が玉木代表に聞く!日本政治の「ナゼ」

 「こくみんトーク!」第3回がスタート!第3回のゲストには、現役の高
校生をお招きしました。第1回第1話での玉木代表からの「全国の高校生、
ぜひ来てください」という呼びかけに応募してくれた高校生の花田さんをお招
きし、国民民主党からは玉木雄一郎代表、泉健太政調会長が参加。高校生から
見た「日本の政治と課題」をテーマに議論を行います。

 花田さんは国民民主党の基本政策も読み込んできたということで、「日本の
政治が抱える課題」から「国民民主党が考える具体的な政策」について、また、
「これからの時代の教育や未来への投資」について議論を繰り広げます。

 第1話では現役高校生の花田さんが疑問に思う日本の政治における「ナゼ」
から、政治の改善点を議論。政治の世界が変わらないことに古さを感じるとい
う高校生ならではの視点から、これからの政治について考えていきます。

 その他にも、玉木雄一郎代表と株式会社 With The World代表取締役 五十
嵐駿太さんとの対談や、岸本周平選挙対策委員長と城井崇広報局長が、統一自
治体選挙前半戦の振り返りと後半戦・参院選に向けての課題を対談した動画を
更新しています。

以下のURLからぜひご覧ください。

【記事】https://youtu.be/NVNdcAvcyFw
    こくみんトーク!第3回-1高校生が聞く!日本政治の「ナゼ」
    https://youtu.be/i8yvL8ZVBGA
    海外と日本の学校をネットでつなぎ社会的課題を解決?
    https://youtu.be/xPECzgMkKbY
    統一自治体選挙前半戦を振り返って。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■このメールマガジンについて
「DPFP-MAIL」Copyright(C)2019 国民民主党
編集・発行 国民民主党広報局 
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-11-1

★国民民主党はSNSでも情報発信中です。
「いいね!」やフォロー・リツィートをお願いします。
■Youtube 
 https://www.youtube.com/channel/UCJc_jL0yOBGychLgiTCGtPw
■twitter https://twitter.com/DPFPnews
■facebookページ 
 https://www.facebook.com/democratic.party.for.the.people/
■LINE https://line.naver.jp/ti/p/%40dpfp(こちらからアクセスください)
■Instagram https://www.instagram.com/dpfp2018/

 このメールマガジンは、選挙運動用電子メールとして配信することがありま
す。電子メールを使っての選挙運動は、候補者と政党等に限られており、それ
以外の有権者の皆様は禁止されています。また、送られてきた「選挙運動用電
子メール」を第三者に転送したり、印刷して頒布することもできませんので、
くれぐれもご注意ください。選挙運動用メールを拒否する場合は下記のページ
から停止手続きをお願いします。

★ご意見、ご感想は、こちらからどうぞ。
 https://www.dpfp.or.jp/form/contact/request
★配信を停止するには
 https://www.dpfp.or.jp/form/mailmagazine/unsubscribe
★配信設定を変更するには
 https://www.dpfp.or.jp/form/mailmagazine/setting

□掲載内容を故意に歪める形での再配布はご遠慮ください。
posted by 政治番 at 12:46| Comment(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

自民党 『NewsPacket』 Vol.874

smime.p7s
政治番様

★☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ┌───┐
    │\_/│  日本の明日を切り拓く。JIMIN News Packet
    └───┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【2019.4.12 Vol.874】

================================================================================
必勝に向け渾身の訴え−衆議院大阪12区、沖縄3区補欠選挙始まる
================================================================================
4月9日、衆議院大阪12区及び沖縄3区の補欠選挙が告示(投開票日:21日)されました。
自民党は、大阪12区に北川晋平候補、沖縄3区に島尻あい子候補を公認。
両候補者は、告示日に必勝に向け渾身の訴えを行いました。

大阪12区の北川候補は、「命の限り日本に尽くした叔父北川知克の遺志を引き継ぎ、
日本のため、大阪のため、皆さんの暮らしのために是非とも国政の場で働かせていただきたい」と
決意を示した上で「地域の皆さんの声を国に届けるためにも、地域の課題を解決するためにも
地方と国を結ぶパイプとなる存在が必要だ。ぜひその役割を私に担わせて頂きたい」と力強く訴えました。
応援に駆け付けた甘利明選挙対策委員長は、「北川候補の若い力で大阪のさらなる発展を
実現しよう」と集まった多くの聴衆に訴えました。

沖縄3区の島尻候補は、「沖縄の経済振興や子供の貧困対策などに全力で取り組み、
沖縄に暮らす皆さんの暮らしを守っていく」と強調。
米軍普天間基地については、その危険性を一刻も早く除去するため、名護市辺野古への移設を
苦渋の選択として容認せざるを得ないとする一方、将来的な辺野古滑走路の民間使用を
模索するとともに、県民悲願である米軍普天間基地の全面返還を実現していく決意を表明しました。
島尻候補の応援に入った加藤勝信総務会長は、地元負担なしの北部基幹病院の実現などに触れ、
「皆さんの健康とこれからを守っていけるのは島尻あい子候補だ」と力説し、島尻候補の必勝を訴えました。

自民党は、北川晋平候補、島尻あい子候補の勝利に全力を挙げています。
日本の明日を切り拓くため、両候補への力強いご支援をよろしくお願いします。

■北川晋平候補HP
 https://www.s-kitakawa.com/
■島尻あい子候補HP
 http://www.shimajiriaiko.com/

■詳しくはこちらから
・衆院大阪12区補選告示 北川晋平候補が渾身の第一声(党HP)
 https://www.jimin.jp/news/activities/139364.html
・衆院沖縄3区補選 島尻あい子候補が出陣式で懸命の訴え(党HP)
 https://www.jimin.jp/news/activities/139366.html

○メルマガ読者へのご連絡
このメールは選挙運動用メールです。選挙運動用メールをご希望されない方は、下記までご連絡下さい。
 https://ssl.jimin.jp/m/mail-edit

■次回の配信は4月19日(金)の予定です。

◆選挙情報
 → https://www.jimin.jp/election/index.html#election-each
◆党執行部記者会見
 → https://www.jimin.jp/news/press/index.html
◆党所属国会議員のメディア出演
 → https://www.jimin.jp/activity/media/index.html
◆党所属国会議員・役員情報
 → https://www.jimin.jp/member/

┌─────────────────────────────────┐
       ■編集&発行■自民党広報本部ネットメディア局
         〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23
    URL: https://www.jimin.jp/ Mail: ldpmag@mail.jimin.jp
         Copyright(C)2019 自由民主党本部
└─────────────────────────────────┘

・『NEWS PACKET』に掲載された情報を許可なく転載することを禁じます。
・メールアドレスの変更をご希望の方(携帯電話のメールアドレス変更)は、
 こちらから変更をお願いします。

 ステップ1.パスワードの再発行
 皆さまの情報管理強化のため、変更画面にパスワード設定を実装しました。
 初めて登録変更される方は、以下の画面よりパスワードの再発行してください。

  https://ssl.jimin.jp/m/mail-pw

 ステップ2.登録の変更
 こちらの画面よりログインし、設定の変更をお願いします。

  https://ssl.jimin.jp/m/mail-edit
posted by 政治番 at 18:05| Comment(0) | リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする